読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎。

 

生まれてから高校卒業までの18年間、クソが何個ついても足りないようなド田舎に住んでいた。

 

「何があるの?」と聞かれると、迷わず「土地」と答えてしまうぐらい何もないような所で、近くにコンビニが1件あるだけで他に店がほとんど存在していない所だった。

 

小学生の頃の遊びといえば缶蹴りとサッカーという、とてもじゃないけど平成生まれとは思えない遊びをしていて、徐々に外で遊ぶのと他人と関わるのが面倒に感じて来た自分は家の中でひたすら漫画を読むかゲームをしていた。

 

毎日親切に家に来て遊びに誘ってくれてた友達も次第に来なくなった。今考えるとそれがあったから今も友達が少ないのかもしれない。ノリ悪かったし。

 

田舎だから中学も高校もほとんど同じメンバーで上がっていく。よって中学デビュー高校デビューなんてものは全く出来ない。ひたすらそれまでのキャラを押し通すしかない。

 

大人子供関係なく、田舎の人たちは人と人との繋がりが異常に強い。ネットワークがしっかり出来ているというか、個人が弱いというか、とにかく何かあるとすぐそれが噂になって伝わってくる。

 

たとえば、同じ学校の誰かの親戚が亡くなったとか。元々この町に住んでいた誰々が今はどこに行ってどんな仕事をしてるとか。余裕で伝わってくる。

 

田舎といえば人が温かくて優しいというイメージがあるかもしれない。それは確かにそうなんだけど、それが行き過ぎて他人にガンガン干渉してくる人が多い気がする。お節介も行くとこまで行くとそこそこ迷惑だ。

 

そんなこともあって他人に干渉されることを嫌い、他人に対して冷めた目で見る癖がいつからかつくようになった。それは自分に対しても例外じゃなくて、自意識が異常に強くなり何をするにも人目が気になるようになっていた。

 

人と関わることが他の人達と比べて少なく距離感のつめ方とかも滅茶苦茶になっていて、面白いと思って冗談のつもりで言った言葉で人を本気で怒らせることとかもしょっちゅうあった。今でもよくある。たぶん表情と口調が冗談っぽくないんだろうと思う。

 

環境のせいにするのは良くないけど、ここじゃない方が良かったかもしれないと思ったことは何度もある。

 

意思が弱い人間×田舎の組み合わせは本当に相性が悪くて、自分を変えられる勇気も無いくせにここじゃなかったらどうにかなってたとか頭の悪いことを言い出す。そんな奴はどこに行ってもどうにもならないというのに。

 

都会の人が冷たい。田舎の人が温かい。と言われがちななか、田舎の冷たい人になってしまった自分はどうすればいいだろうか、、。

 

 

 

分かるまでゲームしよ…

 

 

映画。

 

 

映画とは

退屈な部分がカットされた人生である

 

ーーーーーーーアルフレッド・ヒッチコック 

 

f:id:takemie:20170414062038j:plain

 

 

友だちが少なく、アクティブな趣味がない奴は十中八九ネット・ゲーム・アニメ・漫画・映画という娯楽に走る。

 

自分の場合、そのすべてに向かって走ってはインドアの五芒星を描くかの如くあっちへ行ったりこっちへ来たりしているので、もしかしたら凶暴化した定春を封印させることも余裕で出来るかもしれない。(※銀魂コミックス9巻参照)

 

ネットやゲームやアニメはインドアを象徴する趣味の代表格だけれど、世の中のオタクに対する偏見的なものが未だにガンガン残っている世代からは「お前らみたいな陰湿で根暗なヤツはもっと外に出てお天道様に顔出しやがれバーロー」と思われることもあるだろう。

 

しかし映画は別だ。「休みの日に何してるんですか?」という質問に対し「映画をよく観てます」と言っておけば、なぜか「お、もしかしてコイツ博識なんじゃねーの?」感を若干醸し出すことが出来る。映画を観ているだけなのに。

 

まあそんな捻くれた理由とかではなく普通に映画が好きでよく観る。

 

それと同時に映画館も好きだ。この世に存在する「館」の中で一番好きな「館」は何だと聞かれたら即答で「映画館」と答える。

 

映画館に入りたいが為に全く興味のないミュージカル映画のチケットを買って、2時間のうち1時間30分爆睡するという貴族レベルの豪遊をかましたこともある。

 

 

そんな映画館にも嫌になる瞬間があるのだけど、普通に書いてもつまらないので、ここからは「お客様の声」形式で書いてみようと思う。

 

 

・「平日の昼間に利用しました。まだ11時だったというのにもかかわらず、スクリーン内には学生服を着た女の子たちが数名いて、映画が始まった後もずっとギャアギャア騒いでいてとても不快でした。映画が始まる前に私語に対して厳しく警告するような映像を流すか、上映中でもスタッフさんからその人たちに注意をして欲しいです。」

 

・「上映する映画のセンスが悪い。観たい映画が全然やっていない。もっと増やしてくれ」

 

・「 売店でコーラを頼んだのにアイスコーヒーが入ってました。その時は何も疑うことなく上映まで待っていたんですけど、上映後に一口飲んでから違うものが入っていると気づきました。僕は悪くないので映画終了後にその店員に「違う飲み物が入っていたからお金を返してくれ」と言ったら、既に飲まれたものは返金できないと言われました。意味がわかりません。店員の態度も最悪でした。もう絶対に利用しません。」

 

・「ブログで自分の色を出そうとしすぎて変な手法を持ち出していたヤツがいました。不快でした。もう読みません。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の苦情から商品の欠陥が分かる

    お客様の要望が新商品のヒントになる

           お客様とは本当に有り難いものです

 

ーーーーーー松下幸之助(パナソニック創始者)

 

 

 

 

 

卒業式。

 

 

気が付けば3月も半ば。

 

あっという間に卒業シーズンだ。

 

 

f:id:takemie:20170314024232j:plain

 

 

街で制服姿の高校生を見たり、twitterなどで「卒業式」というワードを見ると、

自分の卒業式はどんな感じだったかなと、、考えてしまう。

 

部活の後輩たちに見送られたり、

友だちと記念写真を撮りまくったり、

隣のクラスのあんまり喋ったことがない女子に告白されたり

 

とかいう思い出が1つくらいあれば良かったけど、特にこれといって

甘酸っぱいエピソードも無い。

 

中高どちらも、甘酸っぱくもなく、ほろ苦くもない

ただただ「薄味」な学校生活だった。

 

 

卒業式で覚えていることといえば

体育館に自分が座る椅子をそれぞれ置いてきているから、

ホームルームのときみんな机の上に座ってたなぁ。。。

 

とか

 

卒業式の予行練習のときに担任扮する来賓の祝辞が

「卒業おめでとうございます。以上で祝辞とさせていただきます」

だけで、「いや簡単すぎるだろ」「もう省けよこのくだり」

と内心ずっと思ってたなぁ

 

とか

 

「俺は生徒に厳しくすぎた。皆ごめんな。許してくれ」

と号泣しながら謝る担任に、

3年A組の奴らが全員「今更おせぇよ。。」という感じで

誰も泣いていなかったな。。。

 

とか

 

俺らを猿かなんかと勘違いしてんのか?と思ってしまうほど、いきものがかりの合唱を練習させられたな

 

とか

 

自分がいた3年C組では卒業式当日に女の担任が「結婚します。もう赤ちゃんもいます」発言をぶちかましてきたな

 

とか

 

そんなことぐらいだ。

 

 

 

ちなみにこれはすべて中学の記憶。

 

高校の卒業式は本当にひねっても何も出てこないぐらい記憶から抜け落ちているらしい。

 

唯一覚えていることといえば、高校の卒業式の日、近所に住んでる幼馴染の同級生と自宅の家の前で写真を撮ったこと。

 

そいつはかなりの色黒で、俺は病気疑うレベルの色白。

 

 

その写真を見た母親は

「同じ土地で育ったのに、こんなに違うんだね」とこぼした。

 

 

 

 

人間って、いろんな人がいるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな着地だよ(笑)

 

 

 

 

リリック。

 

死んだ面さげて 電車に揺られて

人ごみに消えてく大人たちの価値

踊らされんな常識とメディア

信じるな嘘も正直も敵だ

今日もまた愚痴と不満を集めて

社会への闇はとっくに溢れてる

クズはそこらの金をかすめて

人々は徐々に自分を忘れて

 

入り込んだビルとビルの隙間

黙り込んだいつもいつも無知は

飛び交う情報からまた逃走

新たな妄想 はたまた暴走

希望と絶望の重さ比べて

どんな言い訳も使い古されて

弱者の肩書き 背負って悪あがき

強者に盾突く武器は手の中に

 

 

 

みつを。

 

暇。

暇になると、自分の場合ゲーセンかカラオケか映画館に行く。



全部ひとりで。



悲しいとか寂しいとかみじめとか、そんな感情なんてものは10代の時点で腐って死んでいる。



もともと一人でいることが好きな性格であるが故、幼少期は遊びに誘われれば9割方断るクソ生意気なガキだった。



家でゲームをするかテレビを見ている方が楽しいから。



友だちとサッカーや野球、缶蹴りなど外での遊びに参加することもあったが、そんなものはほぼ接待のようなもので、人数合わせ感がみしみしと伝わってくるポジションや役割を、帰りの時間が来るまでこなしていた。



あまりにも参加率が悪かったため次第に誰からも誘われなくなり、そんな状態は中学・高校に入って、周りの環境が変わっても続いた。



中高と、自分は数人の決してイケているとは言い難い友達とばかりつるみ、それ以外の人との交流をほとんどせず、男女6人ぐらいのグループがこの間海に行って花火をしてきた。なんていう話をしているのを盗み聞きし、「うわあ青春してんなぁ...おい」と思いながらそれを遠巻きに見ていた。



しかし当時の自分は「青春」というものへの憧れが異常に強かった。心の中でそいつらをバカにすると同時に劣等感を抱くという矛盾した気持ちを抱えながらモヤモヤした高校生活を送っていたのだ。



自分の友達はノリが良い方ではなく、自分のしたいこと以外は何を誘っても乗ってこないタイプだった。



誘って乗ってこないのめっちゃムカつくな。。。


青春っぽいことしたいと思わねぇのかコイツら!!!


小学生の時の俺かよ!!


というか、俺こんな感じだったんだな!!!うぜぇな!!!!!!!



と、当時の自分にイライラしながらも、青春への憧れは加速する。



そんな気持ちを抱えた当時の自分が何をしていたかというと、ひたすら青春をテーマにした映画やドラマを観ていた。



「自分は無理なら疑似体験」作戦に出たのだ。



木更津キャッツアイ』や『StandUp!』が好きでよく観ていた。


この2つの作品の共通点として、どちらも嵐が出ている。
木更津キャッツアイ⇒櫻井 StandUp!⇒二宮)


当時、嵐が出ているドラマは青春ものが多く、『嵐=青春してる人』と自分の中でカテゴライズされていた。




中学2年から高校1年ぐらいまでは、そういうキラキラした青春に憧れを持っていたが、


高2の時、映画の『ボーイズ・オン・ザ・ラン』を初めて観て、銀杏BOYZ峯田和伸に異常な興味を持ち、パンクかっけー。泥臭い青春かっけー時代が到来する。


その頃には完全に『峯田和伸=青春』になっていた。



ノイズが混じったようなジリジリと鳴る音を爆音で耳へと流しては、それに合わせて頭を振る、ヤバいモンスターの誕生である。



曲を聴きながら、買ったけど弾けないギターを持って、暴れる。



ヤバいモンスターの誕生である。



(でもそれって、なんか青春っぽくないか...)




今ではすっかりそんなこともしなくなり、しているといえばインストの曲をかけて45点のフリースタイルラップをかましているぐらいだ。













ずいぶん暇だな。

follow us in feedly



STAND UP !! DVD-BOX

STAND UP !! DVD-BOX

ボーイズ・オン・ザ・ラン [DVD]

ボーイズ・オン・ザ・ラン [DVD]



文章力。

 

 

作文、レポート、ブログ、Twitterなど、様々な場面で必要とされるスキル。文章力。

 

 

 

 

せっかくブログを始めてもこの文章力がなければ人を惹きつけることなんか出来ない。

 

 

 

 

そもそも読んでもらえない可能性だってある。

 

 

 

 

ならば己の文章力を鍛えようじゃないか。

 

 

 

文章力を上げるためにはまず何をすべきか。

 

 

 

自分で考えたところでまともな答えが出るとは思えなかったので、さっそく

 

『文章力 アップ』

『文章力 コツ』

『文章力を鍛える方法』

『三上悠亜 動画』

 

等のワードで検索してみた。

 

 

 

 

他人の知恵は利用するためにあるのだ。

 

ネット万歳。Google万歳である。

 

 

 

 

 

分かりやすくまとめると、、、

 

・とりあえず書く

・たくさん文章を読む

・上手い人の文章を真似てみる

・何度も書き直す

 

の4つ。

 

 

 

 

ようは、インプットとアウトプットの量を増やし、出来た文章をさらに読みやすくするために試行錯誤を繰り返せ。ということが言いたいらしい。

 

 

 

 

なるほどね。これを参考に質の高い文章を目指して頑張りたいと思います。

 

 

 

ところで最近「インプット」と「アウトプット」という言葉を、中途半端に意識が高い大学生実業家的な人達がこぞって使っているけど、

 

あれは単に言いたいだけなんだろうなと冷めた目をしながらツイッターを眺めている。

 

 

A「もっとインプットしなきゃダメだよ!」

 

B「インプットだけしててもアウトプットをしないと意味がないよねー」

 

C「大事なのは単純に情報を得るだけではなく、それを自分なりに吟味し考えアウトプットすることだと思うな」

 

D「肛門ってもともと排泄物をアウトプットするだけのものと考えられていたけど、実はインプットも可能なんだぜ?」

 

 

各々のインプットとアウトプットがある。

 

 

 

スマホとネットの普及により誰でも簡単に情報が得られる社会になったいま、情報の正確性を自分で見極める能力が必要不可欠だ。

 

 

情報に惑わされない。情報弱者からの脱却。

 

 

今後の課題にしていきたい。

 

 

 

 

 

 

あと文章力も。

 

 

 

 

 

1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法

1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法

 

 

 

美容室。

 

 

2カ月に1回のペースで美容室に行く。

 

 

 

  

 

 

 

前髪が目にかかって鬱陶しくなってきたら散髪をしているのだけれど、その長さになるのがだいたい切ってから2ヶ月後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はこのペースで安定している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容室と言っても、スーパーにテナントで入っているタイプの美容室だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分みたいな自意識過剰で「オシャレ」というだけでそれを敵対視するようなタイプのヤツは、それ単体で建っている美容室になんか入れる訳がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はそこに行くことすら緊張していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてその店に入った日。 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべくすぐにカットしてもらえるように、店が空いている時間を目掛けて飛び込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つもりだったが、1時間も待たされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予約をしていなかったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はどこも予約社会である。

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりの先制パンチを食らってしまったが、平静を装うために本棚に並べられているスラムダンクを手に取る。

 

 

 

 

 

 

 

 

全く慣れない空間だが、知ってる漫画を読んでいるという安心感で少し身が軽くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何十回も読んだ湘北vs山王の試合展開に相変わらずハラハラしていると、途中でスタッフの人に名前を呼ばれ、鏡台の前に誘導された。

 

 

 

 

 

 

 

 

その人は30代半ばくらいの女の人で、過剰に話しかけてくることはせず、かといって特別愛想が悪いわけでもなく、抜群の距離感を保ってくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人がとてつもなく優秀だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずこちらを見るや否や、雰囲気から何かを察知したのか、さっきまで読んでいたスラムダンクの次の巻とその次の巻をわざわざ持ってきてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

無言で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてカッコいいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

そのおかげでカット中、必要最低限の会話以外をスラムダンクを読むことで潰すことが可能になったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会話が嫌いな自分にとってそれはものすごく助かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

すごいのはそれだけではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

「どのような髪型にしますか?」というお決まりの質問に苦戦していると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「前髪の長さと横の長さをだいたい教えてくれますか?」と聞いてきたので、

 

 

 

 

 

 

 

 

「前髪は目にかからないけど、短すぎない程度で、横は耳半分くらいでお願いします。」という、これでいいのかどうなのかよく分からない発注をすると

 

 

 

その僅かな情報だけで、自分が思い描いていた理想の髪型どおりにしてくれたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

感動した。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだこの人は…!

 

もう毎回この人でいいじゃん…!

 

 

 

 

 

 

 

 

それからは、生意気にもその人を担当者として指名し、予約をするのが当たり前になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、終わりは突然やってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものように髪が伸びたので、店に電話をしたある日のこと、

 

 

 

 

 

 

「あ、すいません。カットの予約したいんですけど○○さん空いてます?」

 

 

「あぁ…○○なら先月いっぱいで辞めましたけど」

 

 

「え…?」

 

 

 

 

 

 

 

辞めました!?!?!?

 

 

 

!??!?!?!?!?!

 

 

 

辞めた!!!!?!?!?

 

 

  

 休みじゃなくて辞めたんですか!?!?!?

 

 

 

 

 

 

 

 

辞めていた。

 

 

 

 

 

 

 

突然辞めやがったのだ。

 

 

 

 

あんなに完璧だったのに。

 

 

 

 

 

 

惜しい人を失った。

 

 

 

 

 

 

 

つか辞めてんじゃねーよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

という思いを胸に抱えつつも、髪は切りたいので仕方なく予約なしで美容室へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、今度は黒いハットを被り、オシャレに髭を生やした男のスタッフが新しく自分の担当になった。

 

 

 

 

 

 

いかにも苦手なタイプだった。

 

 

 

 

 

 

 

第一声

 

「よろしくお願いしますぅ〜!お兄さん今日はお休みなんですかぁ!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理だった。

 

 

 

 

 

 

自ずと心の中でそっと呟いた。

 

 

 

 

 

 

「チェンジで」