読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業式。

 

 

気が付けば3月も半ば。

 

あっという間に卒業シーズンだ。

 

 

f:id:takemie:20170314024232j:plain

 

 

街で制服姿の高校生を見たり、twitterなどで「卒業式」というワードを見ると、

自分の卒業式はどんな感じだったかなと、、考えてしまう。

 

部活の後輩たちに見送られたり、

友だちと記念写真を撮りまくったり、

隣のクラスのあんまり喋ったことがない女子に告白されたり

 

とかいう思い出が1つくらいあれば良かったけど、特にこれといって

甘酸っぱいエピソードも無い。

 

中高どちらも、甘酸っぱくもなく、ほろ苦くもない

ただただ「薄味」な学校生活だった。

 

 

卒業式で覚えていることといえば

体育館に自分が座る椅子をそれぞれ置いてきているから、

ホームルームのときみんな机の上に座ってたなぁ。。。

 

とか

 

卒業式の予行練習のときに担任扮する来賓の祝辞が

「卒業おめでとうございます。以上で祝辞とさせていただきます」

だけで、「いや簡単すぎるだろ」「もう省けよこのくだり」

と内心ずっと思ってたなぁ

 

とか

 

「俺は生徒に厳しくすぎた。皆ごめんな。許してくれ」

と号泣しながら謝る担任に、

3年A組の奴らが全員「今更おせぇよ。。」という感じで

誰も泣いていなかったな。。。

 

とか

 

俺らを猿かなんかと勘違いしてんのか?と思ってしまうほど、いきものがかりの合唱を練習させられたな

 

とか

 

自分がいた3年C組では卒業式当日に女の担任が「結婚します。もう赤ちゃんもいます」発言をぶちかましてきたな

 

とか

 

そんなことぐらいだ。

 

 

 

ちなみにこれはすべて中学の記憶。

 

高校の卒業式は本当にひねっても何も出てこないぐらい記憶から抜け落ちているらしい。

 

唯一覚えていることといえば、高校の卒業式の日、近所に住んでる幼馴染の同級生と自宅の家の前で写真を撮ったこと。

 

そいつはかなりの色黒で、俺は病気疑うレベルの色白。

 

 

その写真を見た母親は

「同じ土地で育ったのに、こんなに違うんだね」とこぼした。

 

 

 

 

人間って、いろんな人がいるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな着地だよ(笑)